書いて自分でピアレビュー


by aromama-caneton

かゆみ

ユーカリ、ベンゾイン

セラピーには、セラピーを受けようとする人の主訴を一番、絶対的に考慮して精油を選ぶのが鉄則。とスクールで嫌と言うほど教えられた。
今のまさやんはかゆいのは日常のこととして、鼻がでるのがうっとおしい模様。
ハナデターと騒ぎ出してキレテ暴れて、泣いて、掻いて、、、、∞。
なので今日のターゲットは鼻、で選んだオイルにする。


今日の小児科の先生の談。
「最近勉強したのですが、かゆみというのは親に依存して治まるものではない。親が掻いてやる必要は特にない。母親はどうしてもむずがる我が子に手を貸してしまうのは仕方がないけど、夜中じゅう掻いても掻いても、なんの解決にもならない、と言う説もあるらしい。」
とおっしゃった。

確かにしみじみ理解できた。掻いてやると、ここもあそこもと広がり、こんどはタオルで掻けだの、ティッシュでかけ、痛い、気持ち悪いと要望だけが高くなり、お互いにいいことはまったくない。でも悪化させるのが嫌で、また可哀そうで手を出してしまう。
でもかゆいのは親の責任でもないし、依存される必要もない、と言う説もあると紹介してもらうだけで、かなり楽になった。
[PR]
by aromama-caneton | 2006-08-08 20:39 | +observation